自然環境に適した持続可能な分散型エネルギー「小水力発電」

今までになかった低落差・低流量環境下でも
発電する小水力発電

Water weco

Scroll

小水力発電システムとは?

弊社が開発した小水力発電(マイクロ水力発電)は、小規模な水力発電設備です。
水力発電所放流水、工業用水、農業用水などの設置場所が多くあり、安定した分散型エネルギーを作れるということ、
中でも出力20kW以下の規模は、電気主任技術者、ダム水路主任技術者などの専門的な資格が不要で水利権許可等の手続きが簡単です。

小水力発電(マイクロ水力発電)は、初期費用は掛かるものの、不動産投資より安定的に初期費用を回収できるだけでなく
経済的に安定したクリーンエネルギーを自給自足できるということが最大のメリットになります。

自然エネルギーを活用しませんか?

水資源を豊富に利用している場所に於いて、単に水を流しているのでは水の力、つまりエネルギーを捨てていることになります。
そのエネルギーをその場で電力として利用すれば省エネルギーになるのはもちろん災害時の非常用電源としても利用できます。
小水力発電でつくった電気は石炭やガスからつくった電気よりも自然環境に適したエネルギーであり、CO2を一切出しません。
東日本大震災以降、原子力発電に代わって火力発電の割合が増加したことで、
CO2排出量の削減が難しくなってきており、新たな電力源の確保が喫緊の課題となり、
再生可能エネルギーの期待が高まっています。

日本には、設置出来る場所は非常に多いのですが、技術開発が追い付いていないのが現状です。
小水力発電(マイクロ水力発電)のメーカーとしてエリスは、自治体や流体工学専門の大学・研究機関と共同で研究開発を重ねてまいりました。その内容をまずはご覧ください。

小水力発電システムを導入する3つのメリット

  • その1 自然エネルギーを有効利用できる

    一般的に水力発電は、他の発電方式と比べても、エネルギー変換効率が60~80%と極めて優れており、24時間安定して発電する為、自然エネルギーの中では最も安定的に発電することができます。エリスでは、売電に限らずエネルギーの地産池消に適した発電機も製作・販売しています。

  • その2 設置場所が多く投資回収が早い

    水力発電所放流水、工業用水、農業用水路など設置場所が多く、また、不動産投資や太陽光発電と比較すると安定的に投資回収出来ることが特長になります。回収後も安定して収益を上げることができます。表面利回り10%を実現できます。

  • その3 環境面に優れている

    太陽光発電のように製造時に多量のCO2を排出せず、発電時にも温室効果ガスの原因となる酸化物を排出しません。 従来の水力発電設置工事のような大規模な工事が不要で、生態系に影響を与えることが少ないです。

エリスが開発した小水力発電システム
water wecoの3つの特長

  • 低落差・低流量でも設置できる

    低落差・低流量でも設置できる

    落差がほとんどないとされている箇所においても、流量・流速によって羽根形状を最適なものにできる。今まで見落とされてきた場所にも設置できます。このNEDOが作成した水車選定表の赤色の部分がWaterWecoの適地になります。

  • 発電効率が良い

    発電効率が良い

    エリスは小水力発電(マイクロ水力発電)のメーカーとして下掛けから低落差環境において数値解析・流体解析・模型実験を行いチャンピオンデータを商品化しました。

  • 独自の遠隔監視システム

    独自の遠隔監視システム

    小水力発電(マイクロ水力発電)の運転管理は、創業60年を越えるエリスのグループ会社と遠隔監視システムのメーカーである東洋計器が共同開発したLPガスの安全管理技術を活用した遠隔監視システムで行っており、運用コストを最小限に抑えることができます。また、監視カメラも設置出来るので、発電状況に加えて現地の様子も確認出来ます。これは塵芥対策などのメンテナンスコストの低減に役立ちます。

おすすめの企業・団体(導入事例を含む)

小水力発電システムを導入するまでの流れ

  • Step1 構想 候補地選定
    流況データ、権利関係などの調査
    独立電源(災害時の非常用電源)・省エネルギーとしての利用・売電モデルなどの検討を行います。
  • Step2 概略設計 概略図面作成
    概算費用検討
  • Step3 計画 収支シミュレーション
    事業主体及び維持管理者の決定
    用水路管理者への説明
    概算発電量・費用などの経済性検討と、機械工学・流体工学などの見地から適地にあった適切な水車形状などの発電効率向上の検討を行います。
  • Step4 秘密保持契約・仮契約 秘密保持契約・仮契約を締結させていただきます。
  • Step5 詳細設計 詳細図面作成
    工程表作成
    資金計画書作成
    許認可申請手続き
    詳細図面をもとに施工図面、工程表、資金計画書を作成いたします。
    また、許認可申請資料などの作成もいたします。
  • Step6 本契約
  • Step7 着工 土木工事
    機器据付工事
    電気工事
    発電所の建設を行います。
  • Step8 引渡し 試運転 試運転を実施し、システムの点検を行います。

プレスリリース

2017年12月06日 【山陽新聞電子版】過疎自治体が注目「小水力発電」 課題は初期投資の低コスト化
2017年12月06日 【日本経済新聞】小水力発電 東日本を開拓 エリス、高効率型開発
2017年11月15日 【プロパン産業新聞】小水力発電システムを出展
2017年10月05日 【月刊LPガス10月号】小水力エネルギー総合セミナー 小水力発電の可能性は大きい
2017年10月02日 【新エネルギー新聞】小水力総合セミナー 未開拓領域における効率化技術の情報を開示
2017年10月02日 【プロパン新聞】岡山県初のセット販売開始 つばめガス
2017年09月25日 【プロパン新聞】環境負荷低減に強み 経済性と地域合意がポイント
2017年09月18日 【プロパン新聞】小水力エネルギーを解説 つばめガスグループのエリス
2017年09月12日 【プロパン産業新聞】地域内経済循環で社会づくりに貢献 小水力エネセミナー開催
2017年09月11日 【プロパン・ブタンニュース】小水力発電に注目 エリス長崎大とセミナー
2017年08月28日 【プロパン新聞】広がる小水力発電システム つばめHDのエリス 津山市キャンプ場に常設
2017年08月21日 【プロパン新聞】小水力エネルギーでセミナー企画 つばめガスグループ9月6日都内で
2017年08月21日 【プロパン・ブタンニュース】小水力エネ普及へ9月6日セミナー つばめガスグループ長崎大学と東京で
2017年08月07日 【新エネルギー新聞】我が社の技術 低落差・低流量でも発電 高効率な小水力発電機器製造販売
2016年11月07日 【Vision岡山】きらめきファンド事業超精密生産技術等6件
2016年02月22日 【新エネルギー新聞】津山市内初の小水力発電設備建設へ
2016年02月15日 【プロパン・ブタンニュース】津山市で小水力発電事業~地域活性化に貢献~
2016年02月05日 【津山朝日新聞】津山市や事業者ら設置で協定書締結
2015年11月25日 【山陽新聞】出資求め事業説明~投資家ら50人に8社~
2015年10月05日 【プロパン新聞】マイクロ水力発電が形に つばめホールディングス
2015年09月29日 【山陽新聞】岡山県 ネット小口出資者募集へ
2015年09月09日 【日本経済新聞】自然エネ発電小口投資活用~ネットで募集自己負担軽く~
2012年08月25日 【山陽新聞】環境製品の開発本格化 来月から実証実験

開発プロセスマイクロ発電事業の着手から現在まで

2006年

2006年

東日本大震災の福島原発事故以前の2007年から小水力発電(マイクロ水力発電)の事業に着手する。

2007年

2007年

実証実験の実績としては、2007年に岡山市内居酒屋のエクステリア用のモニュメント水車(ポンプアップした水を木製水車の上から掛けLED電光掲示盤で居酒屋のメニューや料金などを紹介するもの)から始まった。これは、公告塔として動くモニュメントを評価された。

2009年 夏

2009年 夏

岡山市西川緑道公園にて総務省「緑の分権改革」の「再生可能エネルギー賦存量調査業務で岡山市、パシフィックコンサルタンツと実証実験を行う。クリスマスシーズンにはクリスマスイルミネーションに発電した電気を使用した。

2009年 冬

2009年 冬

2009年冬から広島県三次市の江の川カヌー公園にて三次市環境政策課、復建調査設計と実証実験を行った。水資源の豊富な地帯であった。

2012年

2012年

原発事故を経て、新庄村道の駅にて「源流サミット」の期間、道の駅隣の小川を利用してマイクロ水力発電を設置し、道の駅喫煙所近辺に源流サミットをPRするLED電光掲示盤を光らせた。

2013年

2013年

マイクロ水力発電の中でもタイプの違うものの検証も行うべく、ナカシマプロペラと鏡野町養魚場にて、マイクロ縦軸プロペラ水車の実証実験を行った。約半年に及んだ実験の結果、このタイプ(マイクロ縦軸プロペラタイプ)はメンテナンスコストが非常に掛かってくることが分かった。特に、自然環境下の設置に於いては、枝葉などが目詰まりする。

2016年

2016年

常設の発電所を農業用水にて設置すべく水利権取得~水車設置まで約3年半を要した「新見市髙尾エリス発電所」を稼働、こちらでは生物多様性を考慮した独自の開放周流形水車を採用した。羽根を交互にレイアウトし遡上する魚のいる河川でも設置できる形状(意匠登録)である。優遇税制も活用出来た。

2016年02月

2016年02月

2016年02月

津山市と桑谷小水力発電設備設置に関する協定書締結式を行った。

2017年

2017年

開放周流形下掛け水車及び胸掛け水車の研究開発に於ける実証フィールドとして活用する。その後、岡山県産業振興財団の助成事業「きらめき岡山創成ファンド」の支援を受けることとなり、現在水車形状の流体解析、低落差環境も加味した模型実験、実証フィールドでのテストランに加え、オリジナルの発電機との性能比較試験を行い、夏以降に東京で学会発表を行う。

小水力発電(マイクロ水力発電)のメーカーとして下掛けから低落差環境において数値解析・流体解析・模型実験を行いチャンピオンデータを商品化しました。
自然エネルギー、省エネ、CO2削減、コスト削減など、エリスは総合的な視点から安心・快適な癒し空間を創造します。

株式会社エリス
本社:〒702-8021 岡山南区福田174番地
事業内容:小水力発電(マイクロ水力発電)製造・販売、太陽光発電・省エネコンサルティング

株式会社エリス 会社概要