自治体・河川管理者・工場

設置前の課題


エネルギーコストの削減の必要性
環境負荷低減の必要性
水資源の有効利用の必要性

設置目的

資源有効活用により持続可能な環境保全を内外にPR可能

導入メリット

発電量に見合った電力負荷設備を選定できるため、電気料金削減可能
節水に加えて利水可能となるため、水資源の有効利用可能